ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

野立て太陽光発電所の雑草問題

こんにちは。

平石です。

バタバタと忙しく、中々ブログの記事が書けません。

 

先日、これも後回しになってしまっていた

野立て太陽光発電所の点検に行きました。

場所は滋賀県内ですが、オーナーは東京在中で

こまめな点検は出来ない状況です。

 

滋賀県内と言っても、弊社から小一時間かかります。

直線距離は近いのですが、山なので時間がかかります。

往復半日の時間が取れずお待たせしていました。

 

ご相談の内容は、

発電量が減ってきたのでパワーコンディショナーの

点検をして来てほしいというものでした。

 

が、現場についた時点で発電量低下の原因はわかる状態でした。

雑草が生繁っています。

そして、近隣の工事現場の砂埃が常に舞い上がっています。

パネルは真っ白でした。

パネルの下にシカがいました。

思わず写真を撮る私。

パネルの下は日陰です。

涼んでいるんでしょうかね?

 

入口から奥にあるパワーコンディショナー。

意を決して雑草をラッセルしながら到着。

引っ付き虫が大きくて、イタイです。

靴の中もイタイです。

 

パワコン回りも草だらけですが、

施工業者さんはきれいな工事をしておかれていて、

内部は非常に良い状態です。

 

一台だけ発電量が少なかったのですが、

多分、このアレイだろうなという状態です。

草が乗りかかっています。

この分、発電していないと思います。

点検中に曇ったときは、5台のパワコンの発電量が揃いましたので

この草の影響です。

大きくなりすぎて、この日は対処できていません。

他のアレイもこんな感じでした。

オーナーさんに草刈りとメンテナンスをご提案して

行く事になります。

 

このまま草を刈るとケーブルが見えないため、

切断の危険がありますので、先に除草剤を巻こうかなと

相談中です。

実際、別の現場のオーナーさんからご相談の電話がありました。

繋いできました。

 

投資物件として太陽光発電所のオーナーになられた方も

多いと思いますが、やはり山の中だと雑草問題は

砂利やシート、植生などでは負けてしまいますので

お金をかけたメンテナンスが必要になります。

 

弊社は雑草問題が一番苦手ですが、相談先は

有りますので、ご連絡ください。

出来る限りの事をさせて頂きます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ