ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

産業用太陽光発電所 点検作業

こんにちは。

平石です。

かなり暖かくなりました。

昼間に車に乗っていると暑いです。

 

初夏の感じになって来ましたが、

山桜はまだ目を楽しませてくれます。

 

先日、急ぎという事で野立ての太陽光発電所の

点検に行ってきました。

電気系統に異常がないか見てきて、

行けば分かる、との事でした。

取りあえず現場を見る由村サン。

何がおかしいか分かりにくいです。

でも、分かりやすいです。

手前のアレイが正常。奥が異常です。

 

アレイの手前の架台です。

 

正しくは、こう。

前足が寝てしまっています。

彦根に短時間で70cmぐらい積雪があったときに

重さでこうなったそうです。

 

全体が均等にこけているので、

こうだったかしら? な感じです。

 

実は架台のアルミが破断しています。

ラックの方が破断しているケースと

接続用の金具の方が破断しているケースとありました。

雪の重み、恐ろしい!

 

この全体の歪みによって電路に異常がないかの

点検という事でした。

電圧取ります。

異常なしでした。

 

抵抗もチェックします。

異常なしでした。

緊急で電路に異常が出ることは無いようです。

良かったです。

施主さんが不安を覚えるのも納得の現場でした。

 

 

この現場はたんぽぽが群生しています。

今頃は綿毛になっているかもしれません。

 

弊社株式会社大西デンキシステムでは

産業用太陽光発電所の点検・修理を承ります。

お気軽にご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ