ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

施工事例:三洋製PCS交換

こんにちは。

平石です。

突然暖かくなってきましたね。

出勤時も寝る時も何を着るか悩みます。

体調も崩しがちです。

悩みは皆様もご一緒かと思いますので

気を付けていきましょう。

 

今回は最近多くなったパワコン交換の事例です。

お問い合わせを頂くのですが、

半導体や他材料の不足で交換用のパワコンが

入手できません。

待って待って頂いて、何とか一台入りました。

 

2005年製三洋製の「SSI-TL40A2」が

17年勤めあげて交換となりました。

めっちゃ頑張ったと思います。

 

まず取り外します。

当時のパワコンですが結構しっかりした構造で

順番にカバーや蓋を外します。

端子台は右上でした。

 

問題は、現在のパワコンはほとんど

右下が取り込み口になっている事です。

こんな感じで。

 

パワコンで隠れますので、開口しました。

電線の長さはなんとか足りました。

 

配線さえ出来ればもう大丈夫です。

今回は当時は無かったモニターもご注文頂きましたので

通信線配線もしました。

黒い線です。

 

パワコンは取付完成です。

これからまた17年働いて欲しいです。

屋根に付いたパネルはまだまだ元気ですから

高くなる一方の電気代の削減にお役立てください。

 

元からの太陽光用ブレーカーの横に

送信ユニットを設置します。

ここに通信ケーブルが来ています。

 

 

今回は年数がたっている事も有り、

接続箱も交換して頂きました。

実はパワコンより接続箱の方が壊れやすいそうです。

以前メーカーの方に教えて頂きました。

 

新しい接続箱は分かりやすく小型化していました。

 

発電開始です。

時間と天候の割によく発電していました。

 

 

お客様のご近所で見た電柱です。

始めて見ました。

親切ですね。

 

弊社大西デンキシステムでは太陽光発電システム

全般の設計・販売・施工を承ります。

施工店や販売店も減ってきました。

弊社の施工でない場合も交換等のご相談に応じます。

お気軽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ