ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

施工事例:三洋製パワコン交換

こんにちは。

平石です。

朝布団から出てくるのが辛くなってきました。

足が冷たく感じます。

ニャンコの「ごはんコール」で起きるしかないのですが。

 

先日は、以前のブログ記事を見てくださった方から

ご連絡頂きまして、

同じような事例だからということで

動かなくなったパワコンの交換に行ってきました。

故障原因は不明ですが、2004年製ですので

動作寿命だと思ってください。

10年と言われていた頃の機種ですから

よく頑張りました。

 

今回は接続箱の交換はしません。

 

 

こちらが新しいパワコンです。

パナソニック製です。

三洋電機製のパワコンもパナソニックが

相談に乗ってくれます。

 

現状確認後、接続箱と太陽光ブレーカーと

パワコンのブレーカーを落とします。

端子から電線を取り外していきます。

この機種は右上に端子台があります。

 

 

取り外したパワコンです。

お疲れさまでした。

 

取り外した後です。

上の方がほんのり黒ずんでいます。

回路に焦げた跡がありましたので、

少々熱が漏れたのかもしれません。

 

新しいパワコンは右下に端子台があります。

 

新たに電線を引き出す穴を開けます。

出来るだけ小さく開けましたが、

引き出すのには半時間を要しました。

隣の浴室からやり取りするのですが、

壁が立ち上がっていたので、隙間が小さかったのです。

 

うまく行きました。

 

次に今までなかった、モニタリングシステムを付けます。

これも新たに穴を開けます。

同じくちょっと苦労しました。

 

送信ユニットです。

 

モニターです。

今までは発電量はパワコンの窓で見られましたが、

電力使用量は見られませんでした。

これからは発電量と使用量と売電量が見られます。

数値化すると意識が変わりますのでぜひ見てください。

 

大西デンキシステムでは、新たな太陽光発電システムの

施工販売の他、既存の機器の点検や交換等の

ご相談を承ります。

お気軽にご連絡くださいませ。

 

コメントを残す

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ