ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

施工事例:産業用太陽光発電 連系作業

こんにちは。

平石です。

工事には参加していないのですが、産業用の太陽光発電の

連系作業についていきました。

4.95kWのHAWEI製パワコン10連装の低圧発電所です。

パネルは屋根置きです。

 

大きな倉庫がありますので、二階のない壁面に横一列で設置。

 

 

海外製のパワコンはメンテナンス時でも蓋を開けるという概念が希薄です。

ほこりや虫などが入り込むのを防ぐためです。

これ、本当に虫や小動物は入りますので、重要な観点です。

ただ、配線はこんな感じになりますので、美的感覚としては選ぶところ。

 

 

そのパワコンのブレーカーが集まった、集電盤です。

でかい。

各ブレーカーは日本製でした。

 

 

パワコンの起動や設定は一台ずつではなく、

このスマートロガーで行います。

ご覧の通り、入出力装置はありません。

現場にノートパソコン必須です。ご持参ください。

他にその後の発電の遠隔監視にはスマホがお勧めです。

タブレットもいいですが、とにかく何か必要です。

非常に簡単な発電量だけでいいなら、関電送配電には「うち電」という

サービスがあります。

「みる電」とは別物です。関西電力は関西電力送配電が別だからです。

 

 

産業用全量売電。

今回は単相のパワコンを使用のため、電線容量を上げる必要があります。

右側電力の電柱と、左側構内柱の間の電線サイズを上げます。

22sqで良かったのに、100sqになりました。

工事費はもちろん必要です。

 

 

こちらは構内柱の方の接続部です。

 

 

高車三台出動で勇壮な感じ。

白が電力さん、緑が弊社側です。

弊社側で停電を伴うため、同時作業にして貰いました。

中部電力さんが、非常に良くしてくださいました。

弊社側も、中部の協力業者さんにお願いして、

先日無事台風も避けて!

発電開始になりました。

皆様ありがとうございました。

 

弊社 大西デンキシステムでは、太陽光発電の販売のほかに施工も承っております。

中部電力さん管内にも近場なら行きます。

取りあえずお気軽にご連絡くださいませ。

 

コメントを残す

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ