施工事例:産業用陸屋根設置(下準備編)

こんにちは。

平石です。

 

今年はまだまだ寒いですね。

節分は疾うに過ぎているのに、冬のままのようです。

今週も明日あたり北の方では雪模様です。

ちらちらならいいのですが、積雪量が多いですよね。

 

先日、由村が産業用ビルの屋上設置の

太陽光パネルの設置工事に行ってきました。

平石は不参加です。

陸屋根は防水措置がされています。

既築に設置する場合は、この防水を切らないために

結構頭を使います。

今回は新築でしたので、建築側(工務店)さんが

架台を設置するためのアンカーを設置してくれました。

記事タイトルは「下準備」ですが、

その「下準備」になりました。

雪かきから!

 

施工日の前には彦根までがかなりの積雪でした。

除雪に2時間近くかかったそうです。

 

出てくるアンカー。

 

昼になって、ちょっと融けてきたらしいです

このアンカーの上に横桟を設置します。

横ラック的な。

 

 

こんな感じでうまくはまるようになっているようです。

 

下準備に時間が掛かったこともあり、

ラック敷設工事のみで終了となりました。

 

また、続きは見て頂きたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

弊社、株式会社大西デンキシステムでは

電気工事一般の他、太陽光発電・蓄電池の

家庭用及び産業用の設計・販売・自社施工を

しています。

ぜひご相談くださいませ。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました