ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

びわ100 2019のご報告!

おはようございます。

平石です。

去年もご紹介しましたが、

びわ湖のまわりをみんなで(徹夜で)100km歩こうという

チャリティーイベントが行われました。

 

詳しい大会の案内についてはこちらのサイトをご覧くださいませ。

https://biwa100.com/

 

大会にして第6回、弊社の参加は3回目になります。

去年は晴天でしたが、今年は残念な感じ……でスタートです。

 

大西社長と由村。

由村は3回目の参加です。

今年は24時間切る、だそうです。

頑張れ!

 

そして仕事では頼りになる助っ人、コロナ社の代表さん。

この方も由村と同じくマラソンランナーで、

記録は由村の上を行く方です。

でも、ただ歩いて100kmというのは初参加です。

頑張ってください!

 

今回の参加歩行者はこの二人です。

 

大西社長は、今回は運営ボランティアとしての参加でした。

皆様ご自分の仕事どころか会社をお持ちなので、事前準備は大変なようです。

 

 

このびわ100のすごいところは、

「これだけの距離を(何日か掛けて)(徒歩か自転車で)移動しましょう」

というのではなく、

「朝10時から翌昼15時までに(徹夜で)100km歩きましょう」

ということです。

 

寝るのも休むのも自由なのですが、

時間内に間に合わないそうです。

濡れた体で、普段寝ている時間にただ、歩く。

足の裏が痛い。かかとが痛い。足の指が痛い。

膝が痛い。腰が痛い。

ただただ、皆様は己と戦いながら歩きます。

夜中に歩く集団は、車からは見にくいですよね。

イベント開催のお知らせがあります。

 

 

私なら自分が一番信じられない。

ただ、ここで倒れてもどうしようもないので

足を動かすしかないようです。

人生観が変わる体験だと由村が言ってました。

 

 

 

雨降る中歩き続けていると、いつしか夜が明けます。

 

第5チェックポイントです。

翌朝7:30頃。

目指すは後2時間半以内のゴールです。

(顔、眠そうで疲れてきてますね)

 

それぞれにゴール目指す人たち。

皆さん、見ている分には淡々と平気で歩いておられるように

見えます。すごい。

 

ここまで来たらあとちょっと!

休憩中の方もチラホラ。

頑張って下さい…。

 

そして……

 

 

ゴール!

二人とも24時間以内にゴールしました。

スゴイ!

本当にすごい事です!

この雨が降る天候の中、夜中歩き続けて

目標時間を達成するって、本当にもの凄い事です。

 

完歩と24時間以内の証明。

 

二人とも、本当にお疲れ様でした。

一人はお家へ。

一人は疲れすぎて温泉へ。

ゆっくり休んでください。

 

 

大西社長は運営側のボランティアとしてまだまだ仕事があります。

話を聞いていると、

歩いて足が痛いわけではないでしょうけど

心は長い距離を歩いていると思いました。

 

参加者の皆様、本当にお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

株式会社 大西デンキシステムは100km歩くほかに、

太陽光の販売・施工を行っています。

コメントを残す

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ