ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

施工事例:パワコン交換 シャープ製→パナソニック製

こんにちは。

平石です。

暑いですね! 本当に暑くて倒れそうです。

急激に気温が上がりましたし、

梅雨も異常に短かったですし、

本当に異常気象ですね。

 

さて、パワコン交換事例をご案内します。

シャープ製のパワコンが寿命を迎えたと

いう事で、交換工事を発注頂きました。

パワコンはエアコンやエコキュートと同じ

家庭用の電気機器ですし、

15年程度で寿命を迎えます。

屋根の上のパネルはまだまだ十分発電しますので

パワコン交換となりました。

 

 

ハウスメーカーさんの特徴で電線が赤です。

 

撤去してみました。

下見だけでは不明だった部分です。

この時点で作戦会議が必要になりました。

 

まず、下地と壁の深さの差が思っていたより

大きいです。

何といっても、全くサイズの違う

パワコンに交換しなければいけません。

 

開口部がかなり大きい。

このままだと水が回りそうです。

 

そこで段差を埋めて、かつ穴を小さくしました。

 

更に線の取り込みにプルボックスを用意。

 

 

こうなります。

線が短いのでPVケーブルを結線して延長します。

 

 

完成です。

 

目に入りやすい角度ではきれいに

仕上げられたと思います。

 

太陽光発電システムの普及をリードした

シャープだけにそろそろ15年を超えてきて

交換の時期が来ています。

 

交換用のパワコンは、必ずしも

同じメーカーである必要はありません。

価格的に比較して頂ければと思いますので

お気軽にご相談ください。

 

弊社株式会社大西デンキシステムでは

太陽光発電システムに関するご相談に

応じておりますので

お気軽にご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

 

コメント

  1. 近戸秀夫 より:

    はじめて
    甲賀市の近戸(チカト)といいます。
    御社のHPを探し当て連絡させて頂きました。
    我が家でもシャープのパワーコンディショナーが寿命を迎え交換したく思っております。
    元々日照条件も良くなくて、割高な業者のせいもあり結果的にはマイナスで付けた事を後悔していました。とはいえこのままにして置くのも勿体無いのでシャープで10万かけて一旦は修理したものの、数ヶ月で再び故障し 今度は部品が無いので修理できないと匙を投げられました。
    その後数十万も出して新しいパワーコンディショナーを付けてたり、さらに高額な電池を付けることもできずに放置しています。
    それからしばらくしてオークションで同型のパワコンを手に入れたものの、どうせまた故障すると思うと交換する気にもなれず手付かずにして1年ほどたちました。
    シャープの修理の人から買うなら4回路のものを買う様にアドバイスだけ貰っていたので、たまにネットで使用期間の短い中古は無いかと探していた所、この度同じシャープ製の未使用品を手に入れることが出来ました。因みに現在屋根に乗っているのは2003年製で パネルはNE−130AJが36枚(4回路)とパワコンはJHL204です。
    また今回手に入れたパワコンは JH−55DC4Pというもので未使用品の本体のみだと思います。あと数日で届きます。
    シャープに問い合わせても現在のカタログ掲載機器でないことを理由に、一切の質問にも答えてもらえず販売店もしくは施工店に問い合わせろの一点張りでしたので何の知識もありません。
    最近になって他社製でも使用出来ると知ったので、多分使用可能だと思っています。
    御社のHPでサンビスタからパナのパワコンに交換されている写真を拝見して、御社なら間違いないと確信しました。
    こんな状況ですが、今回の取り替え工事を可能ならお願いしたいのですがお受け頂けるでしょうか?
    またパワコンの推奨モニターに JH−RWL 2Aがあるのですが、AのないJH−RWL 2なら新品で9000円ほどで入手できるのですが使用可能でしょうか?当方では調べる術がありませんので教えて頂けると嬉しいです。
    という事で工事可能でしたら一度お見積もりをいただけますと嬉しいです。
    よろしくお願いします。

コメントを残す

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ