ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

施工事例:東近江市 10kW以上太陽光余剰接続②

こんにちは。

昨日は雨が降っていましたが、今日はいい天気です。

工事の日もいい天気でした。

風が冷たいのも同じ感じでした。

 

屋根工事の準備です。

パネルを屋根に上げるための梯子を掛けます。

この時に建物や周辺の車などに傷をつけないように気を使います。

 

屋根のモジュール設置班と電気設備施工班とで分かれます。

電気班も電路のルートが決まってしまえば順調です。

今回は余剰接続でしたので、屋内のブレーカー廻りで配線をする者と屋外でパワーコンディショナを設置する者とで分かれてスタートしています。

屋外のパワーコンディショナです。

まだ屋根のモジュールからのPVケーブルも

屋内からの電線も繋がっていません。

 

 屋根班、掴み金具は設置できました。

 

追ってモジュールを設置します。

東西屋根両面への設置でした。

梯子をかけた反対側の屋根です。遠い写真でごめんなさい。

 

パワーコンディショナ3台が設置できました。

右はPVブレーカーと非常用コンセントです。

コンセントは2個ですが、4回路使える仕様にしましたので3台分あります。

 

一日目の仕上がりです。

屋内からの電線は来ていますが、屋根からのPVケーブルはまだです。

 

反対側の屋根です。金具とケーブルの設置済み。

ラックレス工法です。

 

モジュール設置です。

 

後一段!

 

どうしても汚れが飛んでしまうので(踏みませんよ)、降りる前に棟を拭いています。

 

両面とも設置終了です。

 

途中夕方に向けて日差しが軟らかくなってきました。

ちょっと影が掛かってきたところ、という感じですね。

今回の工事は15.5kWシステムですが、屋根材が金属で掴み金具使用、電路も取れたことから2日で仕上がりました。

発電事業者様、工事をさせていただいてありがとうございました。

たくさん発電するように祈っております。

 

株式会社 大西デンキシステムでは、一般のご家庭用の太陽光の他、高圧まで各種ご相談に応じます。

お気軽にご連絡くださいませ。

 

 

コメントを残す

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ