ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

施工事例:栗東市

施工事例:栗東市

今回は、いくつか施工をお断りさせていただいた事例をご紹介します。

こちらは屋根の年数が経っているため、苔・カビが見えてきています。
この状態でも、即雨漏りにつながるわけではありません。
太陽光発電システムの設置も可能です。

ただ、太陽光発電システムは乗せてから15年以上使用する機器です。
仮に、乗せた時に15年目の屋根だったとしたら、10年経てば25年目の屋根
になります。
パネルを設置することによって、屋根の劣化はかなり遅くはなります。

直射日光も遮られますし、雨の時も傘をさしているようなものです。

それでも、経年劣化は厳然としてあります。
25年目の屋根になった時に、雨漏りの原因は果たして経年劣化か、太陽光発
電システムを乗せた工事なのか。
これを判断するのは非常に難しい問題です。

また、では屋根をリフォームしましょうとなった時に、太陽光発電システム
が乗っていると、これを下してまた設置する工事が必要になります。
架台と金具は新しいものが必要になるでしょう。

経済的に無駄が多いので、こういったお家は屋根の補修が先になります。

 施工事例:栗東市

こちらの屋根は農家の資材置き場の屋根です。
先代さんが作って、そのままだそうです。
お住まいの方は新しいのですが、倉庫の屋根の利用方法としてお考えです。

このままでは、もちろんどうしようもございませんので、屋根のふき直しの                                                                                                           ご提案からになります。
乗ったら穴が開きそうで、久しぶりにへっぴり腰で乗りました。

?

施工事例:栗東市

こちらは大変きれいなお屋根です。
棟から一段目のスレートがすでに途中まで落下してなかったので、これは                                                                                                                       工務店に連絡してもらいました。

このお家は無事施工ができたのですが、方角がちょっと違っていてできな                                                                                                                    いお家も結構あります。
屋根面が細かく分かれていて、十分なキロワット数のシステムが構築でき                                                                                                                        ないのです。

四人家族を賄うのに、3kWシステムがあれば良いと言われていますが、                                                                                                                       2kW以下しか乗らない屋根や、目的が売電の方にはお勧めできません。

今回はちょっと目先を変えて、「何でも真剣に検討し、ご相談させて頂く
のがモットーですが、施工ができないお家もまれにございます」の一例を
ご紹介しました。

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ