ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

施工事例 : Qセルズ 家庭用太陽光発電システム

こんにちは。

昨日は大津の南でも午前中に吹雪きましたね。

工事予定があり、移動しながら

「マジですか」とか

「工事するんですか」など

頭の中で呟いてました。

 

屋根が濡れていると、施工時の危険度が増します。

降っていると、屋根をめくると浸水の

危険性が出て来ます。

でも、足場の解体予定が迫っています。

 

幸い、一時間ほどの遅れで晴れて来ましたので

工事に掛かれました。

ただ、遅れは取り戻せず二日工程になりました。

 

Qセルズの家庭用太陽光発電システムです。

 

屋根瓦の代わりに瓦型の金具を入れる

「支持瓦工法」です。

 

支持瓦で支える縦ラックです。

地上で準備しておきます。

 

金具、架台の準備を下でしている間に

屋根の上では瓦をめくりまくりです。 

支持瓦は瓦一枚分ですが、その金具を支えるための

コンパネを入れるには左右の瓦もめくる必要があります。

瓦は上下左右がっちりずれないように

葺いてありますので大変です。

割れます。

 

支持瓦の設置終了です。

 

 

縦ラック設置後、調整中です。

 

ケーブルの配線です。

アースもあります。

太陽電池の配置・直列していく設計に従って

ケーブルを配線していきます。

ここまでくれば、屋根工事は八割がた終了です。

 

残念ながら、スタートが遅くなったので

パネル配置は二日目となりました。

初日は強風でしたので翌日になって

良かったかもしれません。

半日足らずで設置終了です。

 

今回は屋根工事のみお引き受けしましたので

ケーブルをまとめておいて

電気工事担当の方に引き継ぎます。

 

株式会社大西デンキシステムでは

太陽光発電システムの施工も承りますが

メーカーを問わず設計・販売からお引き受けします。

お気軽にご相談くださいませ。

コメントを残す

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ