ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

施工事例 : パワコン交換工事

こんにちは。

営業の平石です。

朝晩が寒くなって来ましたね。昼間は暑いので体調が今一つです。

社内でもアレルギー組と夏風邪組がいます。皆様はいかがですか?

 

さて、先日故障したパワーコンディショナーの交換工事に行って来ました。

先にメーカーさんに状態を確認して頂いており、15年を越えている事から

修理も難しく、交換となりました。

 

メーカーは三菱電機です。

個人的に地味な印象のメーカーだと思っています。

そして製品的には非常に良いと思っています。お勧めです。

パワコンも故障では走ったことがありません。

変換効率も高く、信頼のおける製品です。

 

交換前は屋内用のパワコンで接続箱付の仕様でした。

 

 

これを、現在設置のスペースを空けたいという事で、

屋外設置タイプのパワコンに換える事になりました。

ここで、少々作戦を考えます。

太陽電池からPVケーブルが出ています。

下の写真の下部の白黒のケーブルがそれです。

そのPVケーブルが右の端子に集約されて、+-の1セットになって

屋内のパワコンの端子に入っていきます。

 

屋内パワコンを取り外したところですが

下の写真の右上から出ているうちの1セットがそれです。

もう1セットはご家庭のホーム分電盤へと行きます。

この太陽電池→接続箱→パワコン→分電盤の流れを

太陽電池→接続箱機能付パワコン→分電盤に変更します。

 

 

外壁に新しい接続箱機能付きパワコンを設置します。

今度は端子が右下にあります。

 

接続箱を取り外して新たにプルボックスを設けても良かったのですが

壁の汚れなど考えて元々の接続箱を「箱」として利用する事にしました。

元の接続箱からのPVケーブルを延長します。

隣のパワコンに持って行っているところです。

グレーの太い電線が屋内の分電盤に行きます。

 

仕上がりです。

屋内の元々のスペースも空きました。

 

ちなみに屋根の上の太陽電池ですが、パワコンで取った電圧も

モニタで確認した発電量も十分でした。

パワコンは17年頑張って(スゴイです)、寿命を迎えましたが

太陽電池の方はまだまだ働きます。

 

このお客様は当時の販売施工店と連絡が取れないとの事でご相談頂きました。

他にもそういった方がおられましたらお気軽にご相談くださいませ。

 

株式会社 大西デンキシステムでは、太陽光の新規の販売施工の他に

保守や点検のご相談も応じております。

コメントを残す

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ