ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

太陽光発電システム設置後のあれこれ

こんにちは。

更に暖かくなってきて、バラの花が綺麗に咲きだしましたね。

下見に寄せていただいたお客さまのお家で見事に咲いていたので、写真を撮らせていただきました。

お世話が大変だと聞いていますので、見せていただいてありがたいなと思いながら楽しませていただきました。

 

 

太陽光発電ですが、売電価格は下がる一方ですが、業界は元気です。

産業用としても低圧もしくは300kW~2.0M未満(特高未満)ならまだ費用回収は設計企画が確かなら容易ですし、住宅用としては売る電気から自宅で使う電気へと元へ戻り、どんどん伸びていくと思います。

そんな太陽光ですが、一般への設置が始まって20年ほどになり、完全なメンテナンスフリーではないことが浸透してきています。

一つにはパワーコンディショナの交換ですが、こちらについては少なくとも私はパワーコンディショナは壊れないと言って案内したことはありませんので、お客さまも交換時期が来るのはご存じだと思います。

10年程度と言われていましたが、15年前後という感じです。

 

 

その頃にはメーカーさんのシステム保証は切れていますので、必ずしも同じメーカーさんの製品を選ぶ必要はありません。

交換用のパワーコンディショナとしての10年保証を持っているメーカーさんもあります。

こちらは国内メーカーから海外メーカーのデルタ製への交換です。

 

 

価格的には、国内メーカーよりもお安くできます。

せっかく発電して稼いだ金額を全額使うようではちょっともったいないですよね。

元々のパワーコンディショナの設置方法や取り付け場所によってうまくいくとは限りませんが、こういった方法もあります。

 

2つ目。

鳥による害が分かってきました。

代表的なところでは鳩です。

営巣してパネルを汚すので発電や製品寿命に影響します。

フンが落ちてくるので臭いもあり、ご近所問題まで引き起こします。

そこで鳩除けカバーです。

 

 

一度巣を作ると鳩は何とか戻ろうと頑張ってしまうので、絶対に入れないように空気の通り道を残して板金でカバーします。

案件ごとに作ります。

 

 

パネルに対するメーカー保証が受けられなくなる可能性が非常に高いですが、実際は発電量には影響しません。

ご相談や下見には無料で応じておりますので、お気軽にご連絡ください。

 

3つ目。

産業用には保守点検、メンテナンスが必要である。

事業として行う発電所ですから、順調な発電は大事です。

打ち合わせで滋賀県の北の方に出向いていたところ、急遽、パワーコンディショナが動いていないお客さまの点検を頼まれました。

 

 

いろいろ足りない物ばかりの徒手空拳でしたが、行きました。

お客さまからしたら、一刻も早く動いてほしいですよね。

無事、再起動できました。

こんなこともあります。

メンテナンス契約も承っておりますので、お気軽にご連絡くださいませ。

 

閑話休題。

私も社員旅行に連れて行ってもらいました!

いつもは現場が分かれている皆といろいろ楽しかったです。

イケメンの道産子に会えたり、乗馬させてもらえたり、

 

 

熊さんにおやつをねだってもらったり(右手が上がっているのは、おやつを持っている人に「こっちだよ」という合図です)、器用に落ちる前に口でキャッチしてくれます。

野生のかけらもないですが、迫力はありました。

 

 

カラオケ大会に参加したり。

知りませんでしたが、ウチの会社の歌唱力は相当高いです。

驚きです。

 

 

社員一同、仲良くやってます。

太陽光に限らず、電気やご家庭のお困り事は、お気軽にご相談くださいませ。

コメントを残す

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ