ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

施工事例 : 集合住宅への全量設置 電気編

こんにちは。

営業の平石です。

まじめに工事のご紹介をしようの後半でございます。

電気工事編。

 

屋根から降りてきたPFD管は壁伝いに降ろします。

このPFD管は丸く癖がついた状態で納品されてきます。

しかも中にケーブルが入っているせいで重く、扱いづらいです。

でも、これが綺麗に降りているかどうかで見た目が全く違います。

美的感覚と職人の意識で決まります。

 

…弊社山口部長は、こだわりの強い人です。

たまに「もういいじゃん。3mmくらい」と言いたくなります。

さすがの仕上がりでした。

 

降りてきたケーブルは、設計に従ってそれぞれのパワーコンディショナに接続されます。

屋外用パワーコンディショナは接続箱機能がありますので、じかに接続します。

集約されてきたケーブルは本数が多いので、間違えないよう、かつきれいに配線します。

のちのちのメンテナンスのためにも、きれいで分かりやすいに越したことはありません。

 

記録の為に仕上がりを写真に撮っておきます。

今は覚えていても、メンテナンスの頃にはすっかり忘れているでしょうから。

元請け様へのご報告にも活躍する一枚です。

 

完成です。

 

こちらは、関西電力さんとの連系のために電線を迎える準備です。

平石は年のせいか物覚えが悪く、部品の名前をすぐ忘れます。

「枯れた後のハスみたいなの」と呼んでます。

 

 

連系柱まで。

たるみ過ぎはだめですが、多少余裕がないと風に耐えられません。

かなり重くなります。

 

メーターがつくボックスです。

電線の用意をしておかないとメーター設置工事をしてもらえません。

 

最近稼働し始めた発電所です。

頑張って長く、たくさん発電してほしいです。

 

弊社では、太陽光発電の工事以外にも電気工事一般を扱っております。

経験の少ない工事(アンテナ工事とか)もありますが、頑張りますので何でもご相談ください。

 

コメントを残す

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ