ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

施工事例:工場への産業用太陽光発電の設置(全量自家消費)2

img_5105 img_5107

工場屋根への設置、終わりました。

最後に、ボルトなどの閉め忘れやゆがみがないかをチェックして終了です。

 

滋賀県の湖西地域への設置ですが、積雪があります。

冬の間、雪がモジュールにかぶってしまうと発電量は大きく落ちますし、ほぼ全面を覆ってしまうと昼間でも開店休業状態になります。

それでも、発電量は期待できます。

一般家庭での例ですが、草津・栗東あたりの同じ規模での太陽光発電と比べると湖西、高島市のお家の方が年間の総発電量が上回ります。

詳しく調べているわけではありませんが、暑い時期の温度差かと思っています。

夏の暑さが異常といえる地球環境になっていますので、屋根上の温度は電気抵抗に大きく影響しているようです。

 

と、いう訳で湖西地域への太陽光発電の設置もお勧めです。

山が迫った地域ですので、影の影響を考慮すれば十分な発電が得られます。

 

さて、電気です。

img_5087 img_5088

お施主さま制作のオリジナル架台です。

25kWパワーコンディショナ12台設置となります。

 

img_5100

系統数×2(プラスとマイナス)のケーブルがここに集約されます。

ケーブルラックの中を滝のように収納される電線。

img_5098 img_5095

架台の中を通ったケーブルラックから各パワーコンディショナへ配線されます。

ケーブルも番号管理されますが、それに伴って工事中にわかりやすいようにパワーコンディショナにも番号が貼られます。

工事終了後は、ちゃんとテプラできれいに貼りなおします!

 

img_5094

各パワーコンディショナからの交流に変換された電流は、それぞれ1セットのケーブルに集約されて「交流終電箱」にまとめられます。

ここから工場内の電気の中枢部へと運ばれていきます。

 

もうちょっとで完成です!

 

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ