ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

施工事例:鳩の害の話

IMGP1309

太陽光発電パネルを屋根上に設置する際のラックです。

これは、和瓦に設置の事例です。

IMGP1316

パネル設置後の写真です。縦ラックの分、屋根との間に隙間があります。

この空気の層が、屋根裏の温度を下げるなどのメリットのある働きをします。

もう一例。

IMGP1293

こちらは平板瓦に設置した事例です。

和瓦の様なS字の形ではありませんが、やはり隙間があきます。

IMGP1301

設置後です。自前の工事ながら、きれいにつきました。

さて、この隙間ですが、最近鳩による被害のお問い合わせがあります。

DSCF5798

瓦とパネルの間の隙間に鳩が入り込んで巣を作ってしまう事が増えています。

滋賀県は、鳥が多いのでしょうか。

右側に見えるのは、鳩除けのためのカバーを付けているところです。

四方を囲ってしまって、鳩が入り込めないようにします。

IMGP1514

鳩による被害でご相談を受けた際のお屋根です。

スレートの屋根でも、被害が増えてきました。

このお家には10羽以上の鳩が屋根に乗っていました。

屋根の汚れもひどいですが、樋も鳩の糞で埋まってしまって雨が流れなくなる

うえに、 そこに草が生えてきたりします。

太陽光自体も鳩の糞で汚れるために発電量に影響します。

DSCF5789

屋根やパネルが汚れる前にご相談いただけましたら、カバー設置の費用は

8~10万程度 です。

メーカー保証が聞かなくなる可能性などもありますので、各ご家庭の判断

になりますが、 お困りの方はご一考されるのも良いかと思います。

あまり長く放っておかれると下の写真の様な状態になりますが、

IMGP1516

ここまで汚れてしまうと、工事が大掛かりになります。

具体的には、足場を掛けてパネルを降ろし、パネルと屋根や樋、もしかしたら

ベランダまで 高圧洗浄機を掛けて清掃し、パネルを再度設置、 その後カバー

を制作して設置することになります。

費用も三倍から五倍程度になります。

お困りの方は、まずは設置してくれたお店に相談されてはいかがでしょうか。

もちろん、弊社でも各ご相談に応じております。

お金がかかるのが頭の痛いところではありますが、家が汚れたりご近所との

関係が悪く なったり、 まして発電量が落ちたりというデメリットも大きい

のでぜひご相談ください ませ。

このページのTOPへ

施工事例(タッチすると開きます)


このページの先頭へ